学校ニュース

2020年2月の記事一覧

6年生を送る会

本日、6年生を送る会が開かれました。今日のために、5年生を中心に計画・準備を進めていました。

わくわくチームごとに教室をまわり、5年生の用意したレクレーションを行いました。
今年もたくさんのレクレーションが行われ、全学年が楽しかったと大好評でした。
4校時は、感謝の集いが開かれました。

2年生による感謝の言葉、在校生による合唱、プレゼントの贈呈などが行われ6年生の喜ぶ顔が見られました。

この一年間、大北を立派に支えてきてくれた6年生に、すべての学年が感謝し、来年は、自分たちが大宮北小を支えていくんだという気持ちが伝わる会になりました。

総合的な学習「職業について調べよう」

 本日、アシストネットを活用して、パティシエ、サッカー選手・スタッフ、幼児教育関係の方にゲストティーチャーとして来ていただきました。また、建築、介護、自動車関係の保護者の方にも来ていただき、それぞれの職業についてお話しいただきました。
  
  
 児童にとって貴重な体験となりました。
 お忙しい中、ありがとうございました。

ボランティア委員会 福祉施設訪問


 ボランティア委員会の6年生が学校を代表して「まろにえ四季の里」を訪問してきました。風邪やインフルエンザの流行の心配があるため、3学期はお年寄りとの交流を控えています。
 4年生が作成した掲示物とボランティア委員会が作成したメッセージ集を届けました。
 また、空気清浄機を寄贈させていただきました。この空気清浄機は、全校で行っているアルミ缶回収の収益金で購入したものです。大変喜んでいただきました。


太平山回遊駅伝

2月11日(火)の建国記念の日に、栃木市の総合運動公園にて駅伝大会が行われました。
大宮北小からは、AチームからGチームまでの7チームを編成し、今年も多くの児童が参加しました。

例年同様、多くの学校や陸上クラブが参加する中、好スタートを切った一区。
どのチームも上手にタスキを渡していきます。頑張れ!!大北チーム!!

両手を挙げてゴール!!全力を出し切った選手たち。いい笑顔です。Aチームは32分22秒でゴールしました。

残念ながら、優勝は逃したものの準優勝という結果を出し、チームはまた一つレベルアップしたように感じます。まさに、「それぞれが激走」を見せてくれた大会になりました。ここまでサポートに当たってくださった保護者の皆様に感謝して、大会が終わりました。

4年生絵手紙教室

1月30日と31日に、絵手紙教室を開催しました。
「ばらの会」の方々に来ていただき、絵手紙に挑戦しました。

書く前に、絵手紙を書くときの心得を教わりました!


まずは、筆の持ち方から。縦線、横線、ぐるぐるの練習をしました。
  
いよいよ絵手紙かき。先生方に教えていただきながら、思い思いの絵をかきました!
  
  

素敵な作品ができあがりました!子どもたちもうれしそうでした!
  
 
とても素晴らしい体験になりました!
「ばらの会」のみなさん、ありがとうございました!!

ビブリオバトル本戦の結果

 1月31日(金)多目的室において、ビブリオバトル冬の陣~決勝戦~が行われました。
 まず、予選を勝ち抜いた児童代表4名が、お薦めの本を紹介しました。どの発表も、その本を一生懸命に読んだからこそ伝えたいと思った内容が、しっかり語られていました。読書がきっかけで、自分がどう変わったのかを自分の言葉で発表してくれました。
 どの発表も素晴らしかったのですが、会場児童の審査の結果、5年男子が紹介した「おしりたんてい」が児童代表チャンプ本に選ばれました。
 
 
 ラストは、先生代表のお薦めの本「読書をする人だけがたどり着ける場所」と一騎打ち。先生代表の、会場を巻き込み盛り上げる話術と読書の大切さを訴える内容に、先生有利かと思われましたが、児童審査の結果、引き分けになりました。
 最後は、聞きに来てくれた会場のお友達の温かい拍手に包まれました。

6年生 薬物乱用防止教室

 2月5日(水)に、栃木県警察本部少年課スタッフの方々にお越しいただき、薬物乱用防止広報車「きらきら号」を活用した、薬物乱用防止教室を開催しました。
 
【 DVDで学ぼう 】
 「薬物乱用は ダメ ゼッタイ 愛する自分を大切に」のDVDを見て、薬物乱用の恐ろしさについて学びました。
  

【 誘いを断ろう(ロールプレイング) 】
 先輩や親しい友達から薬物を勧められた時、どう断ればいいかロールプレイングで学びました。ポイントは、①理由を言って断る ②きちんとした態度で断る ③大人に相談するです。薬物を渡されても、絶対受け取らないでくださいね。
  
  
  

【 クイズにチャレンジ 】
 テレビ画面を見ながら、薬物乱用に関するクイズに挑戦しました。全員で薬物乱用の知識について確認できました。
 

【 パネル・標本の見学 】
 展示してある覚せい剤や大麻、危険ドラッグなど、薬物の標本やパネル写真等を見学しました。
  

【 参加した児童の感想 】
薬物は、見た目が分かりにくい姿になって、身近なところにひそんでいること、一度使用すると二度とやめられなくなることなど、とても恐ろしいことが分かりました。
県内でも、薬物乱用で逮捕された未成年者がいることを知ってびっくりしました。
薬物を断る体験をしました。もし、先輩や友達にさそわれてもきっぱり断れば大丈夫だと分かりました。
  

6年生 「たばこ・お酒大人になってから考えよう!」

1月28日(火)に6年生の体育(保健)で薬剤師の佐藤博之先生からたばことお酒の害について話を聞きました。

  始めに保健委員会から、6年生のお酒・たばこについてのアンケート結果の発表がありました。
      

 その後佐藤先生から「子どもたちの体は未完成」をキーワードに、未成年者の喫煙と飲酒の危険性についてのお話を聞きました。
   

実験「たばこ1本に含まれる薬物(ニコチン、タール)」

   

アルコールパッチテスト(お酒が飲める体質か調べる検査)

消毒用エタノールを含ませた絆創膏を腕に貼り、7分後にはがして肌の色の変化を見ました。
     

【判定結果】
  ・ はがした直後、貼った部分が赤くなっている。お酒を飲めない体質
  ・ はがしてから10分後に貼った部分が赤くなっている。お酒に弱い体質
  ・ 変化がなかった場合お酒に強い体質(飲み過ぎ注意)


  

【児童の感想】
 
たばこには有害物質があり、その中でもニコチンは血管を細くして心臓に負担をかけること、依存性の原因になることを知りました。
 私の父はたばこを吸っていて、母が注意してもやめません。今日のお話で、私もたばこの危険さを知ったので注意してみようと思います。
 私はお酒に強い体質だと実験で分かりましたが、飲むか飲まないかは大人になってから考えようと思います。
 お酒やたばこをすすめられたら、「未完成」のキーワードを思い出してきっぱりと断りたいです。

 

家庭科 ミシン実習


5年生の家庭科では,現在,ミシンの実習を行っております。
一人ひとり,集中して活動にあたり,ランチョンマットを作成します。

本日は,しつけ糸に沿って,ミシンがけを行いました!

 

 

ミシンボランティアの方々のご協力もあり,充実した活動になっております!

 

児童たちは完成することを楽しみにしており、縫い方や飾り付けの工夫などし,もくもくと作業に当たりました!
来週はいよいよ仕上げに入ります!完成が待ち遠しいです!