日誌

2019~2021年度

全学年読み聞かせ(職員)

 令和3年度最後の職員による全学年読み聞かせが
行われました。
絵文字:ノート1年生 『にじいろのさかな』 





 よく目にする絵本ですが、今回は大型絵本を使って
読み聞かせしました。きらきらした大切なうろこを
1つずつともだちにげるところ・・・
海中がきらきらしてきれいになるところ・・・
みんなと仲よくなるところはとても素敵です。
『もっかい!』


絵文字:ノート2年生 『おばあさんとあひるたち』


 
朝ドラのヒロインモデルの奥山玲子さんが、アニメーター
として活躍している頃に描いた紙芝居の絵本化です!
奥山さんは、色鉛筆が大好きで色鉛筆だけで描いた絵本
を作るのが夢だったそうです。
とてもあたたかくやさしいタッチで描かれ、内容にも
ほっこりしました。

絵文字:ノート3年生は、楽しい『どうぶつダジャレース』!
 アニマル集まるだいレース
 チキンと ならんで よーいドン
 ・・・それでかったつむりか!?
 ・・・ケッコーはしるの つらいおん
 ・・・まけるももんが いけるかも
 ゆうしょうは いただきまうす
だじゃれのオンパレードで、みんな笑顔です。




絵文字:ノート4・5年生 『おっこちてきた』





それは、おっこちてきたところにころがって
うごきません。「いきてる?」
はなしかけてみたり・・・子屋を作ってあげたり・・・
見に来る人が多くなって、遊園地みたいになって・・
家のテレビでみれるようになり・・・有名人です。
しかし・・わからないまま「ここにいさせるな」
意見がまっぷたつにわかれてしまい・・・
ある朝、音もたてずにいってしまいました。
4年生に感想を聞いてみると・・・いきてるの?
なんだかちょっと不思議な話…
とのことでした。

絵文字:ノート6年生 
『ゴリラはうんちを投げて愛を伝えるんだってよ!!』




とてもユニークな題名と表紙にまずひきつけられ
ます。「ざんねんないきもの」シリーズと同じ
今泉さんによる監修です。
小学生にも大人気ですが、この本は絶滅した
動物などではなく、普通に日常みかける動物
を描いてます。ぜひ読んでみて動物園で確かめて
みてはいかがでしょうか。

今年度の全学年読み聞かせは、今回で最後になります。
10分という朝の短い時間ですが、耳から入ってくる
お話はきっと子どもの心のどこかに残り、きっと心の
栄養になっていくと思います。これからも、たくさん
の素敵な本を紹介できるよう続けていきたいと思いま
すので、よろしくお願いいたします。

図書委員会3学期イベント紹介

絵文字:ノート3月期がスタートし、図書委員会では1月中
 お正月恒例の『おみくじ』を実施しました。
   ★なにをしてもうまくいく!大吉
   ★みんなのにんきものになれる!中吉
   ★のんびりすごすといいかも!吉
   ★ちょっぴりつかれぎみ!末吉
 大吉ではなくても大丈夫です。開運本を準備!
 さあ何がでるでしょう?



 やったー!大吉(特)好きな本予約券ゲット!



引いた後は図書室前に・・・
とても上手にむすんでいる児童もいました絵文字:笑顔


絵文字:ノート2月に入り『読書ビンゴ』がスタートしました。
 色々な分野の本を読んでもらうため、全員にカードを
 配りました。縦・横・ななめ・・・低学年の子どもたちも
 考えながら本を探し借りてます。





早速ビンゴ!になった児童もいました。
次は、どこのラインがいいかな~と考えてます!
いくつビンゴができるでしょうか?

今年度の貸出も今月末で終了になってしまし
ます。(蔵書点検のため)
気付かなかった素敵な本が、ビンゴを楽しみ
ながらみつかると良いですね。

1年学活「かぜたいじ」


 1月31日(月)4時間目、1年生で学活「かぜたいじ」を行いました。
 この時間は、「手あらいめい人」になることをめあてに学習します。

 授業の始めに、秘密のジェルを1プッシュ、養護教諭から受け取りました。
 児童たちは不思議そうに手にすり込みます。

 

 手のジェルが乾くまで、かぜの起こり方をパワーポイントで復習です。
 
 

 手が乾いたことを確認し、普段通りの手洗いをしてもらいます。

 

 ここでタネあかし!秘密のジェルが手洗いチェッカージェルだったことが知らされ  
 ます。

 このジェルを塗って手洗いをし、ブラックライトに手をかざすと、洗い残し(汚
 れ)が青白く浮き上がります。

 

 1人1人ブラックライトにかざして、汚れのチェックです。1年生は爪や指先、指
 のまたの部分などを洗うのが苦手だとわかりました。

 手洗いの順序を学びます。手のひら、手の甲、指の間、手首、指先(爪)とジェス
 チャーをしながら確認です。

 

 

 

 習ったやり方でもう一度手洗いをします。そして再びブラックライトにかざしま
 す。・・・ドキドキ・・・汚れが落ちているかな・・・?

 

 

 全員、1回目の手洗いよりもきれいになっていました。「手あらいめい人」の誕生
 です!めあてを達成し、笑顔の児童たち。家族にも、習った手洗いを教えてあげよ
 うと張り切っています。保護者の皆様、ぜひ、「手あらいめい人」から手洗いを教
 わってくださいね。

トマト


とても美味しそうなトマトをいただきました。

送り主は若林伸彦前PTA会長
全校児童と職員にいただきました。

子ども達は手に手にトマトを持って下校。
とても嬉しそうです。

ありがとうございました。

2年学活「ぼく・わたしのたん生」 


 1月24日5校時、養護教諭と一緒に、命の始まりから誕生までを学習しました。

 授業の導入では、黒画用紙に針で穴をあけた物を配りました。
 「みんなの命のはじまりは、このくらいの大きさだったんだよ。」と言うと、
 児童たちは「えええ!!」の大合唱。穴をのぞき込みながら驚いています。


 胎児が育つ様子を、果物や野菜を用いて説明した後は、
 
 

 お待ちかねの、新生児人形の抱っこ体験です。身長50センチ、体重3キロの
 生まれて間もない赤ちゃんとの対面です。首の据わらない赤ちゃんを支えるのに
 四苦八苦する2年生たち。「重い~重い~。」と口々に呟きます。8年前、
 みなさんもこのように抱っこされていたのですね。

 

 
 
 次に、臨月の妊婦体験をしました。胎児・胎盤・羊水・へその緒などの総重量分の
 リュックをお腹にかけます。歩くことはできますが、しゃがむと立ち上がれない子
 がたくさんいました。

 
 

 

 こうして、自分たちが命の始まりから誕生まで、母体で守られて過ごしてきたこと
 を学びました。そして今でも、かけがえのない存在として愛され続けています。

 

 授業の最後に、感想や家族への感謝を自由に記入していました。
 保護者の皆さん、楽しみに待っていてくださいね。