日誌

2019~2021年度

1.2年生読み聞かせ(R3年度最終)

3月11日(金) 今年度最後の読み聞かせが行われました。

最後は・・・子供達も大好きな『ヨシタケシンスケ』さんの『りんごかもしれない』です。

テレビに映し出されると、「あ!ヨシタケさんの本だ」「だいすき!」とたくさんの声が聞こえてきました。

さすが!読書家たちの1.2年生!!

ページが変わるたびに、笑い声や感想が聞こえてきます。

何度読んでも、耳から入ってくるとまた新鮮にとらえられ楽しいですね。

とても集中して聞くことができ立派でした。花丸

 

本の寄贈

 GSSGソーラージャパン(株)様から、たくさんの本を

寄贈していただきました。

 

すべての分野の本がそろっています。

お昼に放送を入れ紹介すると・・・早速、読書好きの子供達が

図書室前にきて、うれしそうに手にとって読んでいました。

 

新しい本は、本当にきれいでわくわくしますね。

たくさんの本をありがとうございました。

心から感謝をして、大切に活用させていただきたいと思います。

1・2年生読み聞かせ

2月25日(金)
 今年度、残り少なくなってきました
1.2年生への読み聞かせが行われました。
ほとんどの児童が知っているお話でしたが
今日はいつもとちょっと違ったかたちです・・・?

3びきのねずみを実際に1.2年生に読んで
もらいみんなで楽しみました。先生1人が
読み聞かせするのとは違って、劇のように
本の内容がわかりやすく伝わってきました。

かわいい3びきのねずみのやさしさに
ふれたねこは・・・
最後にみんなで「にゃーご!!」
(こんにちは・・おはよう・・)
とてもかわいい声が朝の時間に聞こえて
きて、とてもほっこりしました。

本は真名子小にある「大型絵本」を
使いました。

本の寄贈

 2月18日(金)
 中村良一様から、本を寄贈していただきました。
『原色日本の美術』というシリーズで、大変立派で貴重な本です。
実物をなかなか目にする機会がない子供達にとって、よい資料となります。
これから調べ学習などに役立たせ、活用させていきたいと思います。




東照宮に関しては 16ページにわたり紹介されています。


大谷寺も掲載

他にも、鎌倉彫刻や奈良など・・・
修学旅行の事前学習にも活用できるものと思います。
ありがとうございました。

5年保健「けがの手当」


 5年生の体育科保健領域で「けがの防止」という単元があります。
 その中の「けがの手当」という授業を、担任と養護教諭のティームティーチングで
 行いました。

 導入では、密にならないよう、真名子小けがマップを1人ずつ見学します。

  

 
 真名子小けがマップとは、校舎図にけがの種類を書いたシールを貼ったものです。
 けがマップを見ると、どこで、どのようなけがが発生しているのかがわかります。

 次に、けがが起こったとき、どうすればよいのかを学びます。

 軽いけがの場合は、洗浄や圧迫などの手当をしてから大人に知らせること、
 大きなけがを目撃した場合は、すぐに大人に知らせること、119番通報すること
 がわかりました。

 パワーポイントで、自分でできる手当を学んだあとは、今日のミッションです。

  

 
 ミッションはこちら↓
 
 シュンジ君は、休み時間にサッカーをしていて、転倒しました。
 ひざには、すりきずがあります。
 顔を見ると鼻血が出ています。
 足首はねんざをしました。
 5年生のみなさん、自分でできる手当を考えて実践し、シュンジ君を助けてあげま
 しょう。

 ※感染症予防のため、グループを避け、個人で実習をしました。
 また、道具を消毒し、フェイスシールドを着用しています。

 すりきずの手当です。(洗浄→圧迫)

 

 
 鼻血の手当てです。(圧迫→冷却)

 


 ねんざの手当てです。(高く上げる→冷却)

 

 ミッションクリアです。

 けがをしたときは、その種類や程度を判断し、自分でできる手当をしたり、大人に
 知らせたりすることが大切です。適切な手当ての方法を考えたり、選んだりできる
 ようにしましょう。

 今後の学校生活で、ぜひ今日の学習を生かしてください。