教育研究所所在地
〒328-8686
栃木市万町9-25
TEL:0282-21-2474
FAX:0282-21-2690
 
 モバイルサイト

お使いの携帯電話で
サイトをご覧いただけます。


https://tm2.tcn.ed.jp/kyouken/
 
 
著作権について
栃木市教育ポータルサイト及び栃木市立小中学校ホームページ上に掲載されている文書や画像等のコンテンツの無断使用・転載・引用を禁じます。
栃木市教育ポータルサイト及び栃木市立小中学校ホームページ上における文書・画像等コンテンツの著作権は、栃木市教育委員会及び栃木市立小中学校に帰属します。
一部の画像等の著作権は、撮影者や画像提供者などの原著作者が所有します。
 

栃木市教育研究所からの連絡

連絡事項[根記事一覧]
123

教育研究所管理者2021/05/13 14:35:23(0票)

イングリッシュサロン(希望研修)

・研修日は、5月14日(金)18:30〜 です!
  場所:キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市民交流センター)



授業づくりラウンドテーブル(希望研修)

・研修日は、5月18日(火)18:30〜 です!
  
場所:キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市民交流センター)  
     ※教育研究室から会場を変更しました。




教育研究所管理者2021/05/13 14:25:48(0票)

令和3年度 教育研究所研修会
・研修日は、5月10日(月)15:00〜 でした。
  場所:栃木市教育研究所研究室(栃木中央小学校内)

学級づくりパワーアップ学習会(希望研修)

・研修初日は、5月10日(月)18:30〜 でした。
  場所:キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市民交流センター)

栃木市教育委員会管理者2021/03/31 10:31:46(0票)

令和2年度 研究の足あとページを更新絵文字:NEW

・令和2年度 教育研究所の研究の足あとのページを更新いたしました。
栃木市教育委員会管理者2021/03/26 08:41:41(1票)

学校教育課(お知らせページ)
タブレット端末の使用方法 特設ページオープン
絵文字:NEW


・特設ページヘのログイン方法については、担当から送付された「タブレット端末の使用方法 ホームページの閲覧方法」をご覧ください。

教育研究所管理者2021/01/22 10:13:45(4票)

令和2年度 栃木市教育研究発表会
特設ページオープン絵文字:NEW


・特設ページヘのログイン方法については、担当から送付された「栃木市教育研究発表会ホームページの閲覧方法」をご覧ください。
123

教育研究所ニュース

教育研究所ニュース >> 記事詳細

2021/06/25

かかわりスキルアップセミナー②

| by 教育研究所管理者

今回は、講話形式の研修会でした。
題して、「WISKってなあに?」~発達心理検査を知ろう~
教育現場にいれとWISKという言葉をよく耳にします。
しかし、その検査結果を活用するとなると、高度な専門知識が必要です。
そこで、臨床心理士の先生から、わかりやすく、明日からすぐに役立つお話しをしていただきました。学びの多い研修会となりました。

 


・IQが高い子も困っていることに初めて気がついた。確かに平均より高いことで、生きづらさがあるかもしれない。WISKの説明が丁寧で、今まで曖昧だったことがはっきり分かった。実際の検査キットも見られてイメージを持てた。WISKの例から、何が苦手だからどの強みを使うか実際に考えることができた。どんな結果からどう支援するか、教育活動に反映させ、WISKを取っただけという状況にはしないようにしたい。ASDADHDの子のWISKの傾向について、また教えていただける機会があればお願いしたいです。

 

・分からないことを分かるようにしてあげること。自分のクラスの子ども達の顔を思い浮かべながらの研修でした。弱い部分を補う支援をして、子ども達ができたという喜びを感じられるような学習を準備していきたいです。

 

・今までよく知らなかったWISKの概要が理解できました。今までは点数だけを捉え、高い低いで判断していましたが、それでは全く意味がなく、どのように活用していくのかこそがWISKを受ける意味であることが分かりました。その子の強みと弱みを正しく捉えて、普段の生活に生かしていくツールであることを認識し、さらに勉強して実践していけるようにしていければと思います。本日はありがとうございました。

 

WISKの構造について、深く知ることができました。また、活用上の注意事項や現場レベルでの配慮事項についても学ぶことができました。教員として、子どもと向き合う姿勢も考えることができ、どうしてそのような行動をするのか、その原因をしっかりと考えて、指導したいと思います。

 

WISKについて、実際に子どもが受けているものを見てなんとなくで今まで取り扱っていた部分がありました。今回詳しく伺うことができ、適切な指導のあり方について考えることができました。頭の中に浮かんだ児童について、明日から支援の手立てを考えていきたいとともに、強みで苦手な部分をカバーするWISKを活用していきたいと思います。


19:20 | 投票する | 投票数(3)

リンクリスト