教育研究所所在地
〒328-8686
栃木市万町9-25
TEL:0282-21-2474
FAX:0282-21-2690
 
 モバイルサイト

お使いの携帯電話で
サイトをご覧いただけます。


https://tm2.tcn.ed.jp/kyouken/
 
 
著作権について
栃木市教育ポータルサイト及び栃木市立小中学校ホームページ上に掲載されている文書や画像等のコンテンツの無断使用・転載・引用を禁じます。
栃木市教育ポータルサイト及び栃木市立小中学校ホームページ上における文書・画像等コンテンツの著作権は、栃木市教育委員会及び栃木市立小中学校に帰属します。
一部の画像等の著作権は、撮影者や画像提供者などの原著作者が所有します。
 

栃木市教育研究所からの連絡

連絡事項[根記事一覧]
123

教育研究所管理者2021/10/08 17:16:54(0票)

イングリッシュサロン(希望研修)

・研修日は、10月15日(金)18:30〜 です!
  ZOOMによるオンラインで実施します。


授業づくりラウンドテーブル(希望研修)

・研修日は、10月19日(火)18:30〜 です!
  
場所:キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市民交流センター)  
     ※教育研究室から会場を変更しました。


学級づくりパワーアップ学習会(希望研修)

・研修日は、10月29日(金)18:30〜 です!
  場所:キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市民交流センター)

※感染状況等によってはオンライン研修に変更する場合があります。そのときは、あらためてお知らせします。
栃木市教育委員会管理者2021/03/31 10:31:46(0票)

令和2年度 研究の足あとページを更新絵文字:NEW

・令和2年度 教育研究所の研究の足あとのページを更新いたしました。
栃木市教育委員会管理者2021/03/26 08:41:41(1票)

学校教育課(お知らせページ)
タブレット端末の使用方法 特設ページオープン
絵文字:NEW


・特設ページヘのログイン方法については、担当から送付された「タブレット端末の使用方法 ホームページの閲覧方法」をご覧ください。

教育研究所管理者2021/01/22 10:13:45(4票)

令和2年度 栃木市教育研究発表会
特設ページオープン絵文字:NEW


・特設ページヘのログイン方法については、担当から送付された「栃木市教育研究発表会ホームページの閲覧方法」をご覧ください。
教育研究所管理者2021/01/04 09:27:33(0票)

学級づくりパワーアップ学習会(希望研修)

・研修日は、1月15日(金)18:30〜 です!
  場所:
キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市民交流センター)
     旧栃木中央小跡

イングリッシュサロン(希望研修)

・研修日は、1月29日(金)18:30〜 です!
  場所:
キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市民交流センター)
     旧栃木中央小跡

※開催方法については、担当指導主事からの連絡をご確認ください。

123

教育研究所ニュース

教育研究所ニュース >> 記事詳細

2021/05/10

教育研究所第1回研修会

| by 教育研究所管理者
 5月10日に第1回研修会実施しました。
今年度は3年間の研究の3年目、まとめの年になります。今年新たに6名の先生方を迎え、25名が5つの部会に分かれて研究を進めます。今回は昨年度までの研究内容を確認し、今年度の研究計画について話し合いました。


【それぞれの部会の振り返りより】
〇 授業づくり部会
 昨年度に引き続き、研究テーマが「振り返り」となった。先生方が今、振り返りについてどのようなことを考えているかを共有できたので、それを生かして今年の研究を方向付けていきたい。生徒たちにも自分たちにもためになるような研究にしていけるようにしたい。

〇 教材開発部会

 部会の中でこれまでの流れを確認して、今年の方向性を話し合いました。先生方の現状に沿った形での研究ができそうなので、自分自身もいろいろと勉強をしていきたいと思います。

〇 学びに向かう学級づくり部会
 昨年度に引き続き、「子どもの多様性を生かし、安心して学びに向かう学級づくりを目指した実践研究」を研究テーマとして取り組むことになりました。今年度はタブレットを授業や学級経営にも生かしていけるよう、研究を進めていきます。どのように活用できるのか、実際に自分たちが使ってみることで様々な活用法を探っていきたいと思います。

〇 児童生徒指導部会

 本年度の研究をしていくにあたり、不登校を出さないための支援策や、改善するための手立てをまとめていき、それを栃木市の先生方に返していけるようにしていこうということになった。
 次回に向けて、新年度始まってからのうまくいった事例や、うまくいかなかった事例をまとめていくこととなった。

〇 特別支援教育部会

 「主体的に学ぶ姿とは」について、もう一度確認し合った。学級開きを行い、その中で特別支援教育の視点で工夫したこと、工夫してみたいことを伝えた。
 今後の研究の見通しをもち、思いを新たに研究をしたい。
17:36 | 投票する | 投票数(1)

リンクリスト