教育研究所所在地
〒328-8686
栃木市万町9-25
TEL:0282-21-2474
FAX:0282-21-2690
 
 モバイルサイト

お使いの携帯電話で
サイトをご覧いただけます。


https://tm2.tcn.ed.jp/kyouken/
 
 
著作権について
栃木市教育ポータルサイト及び栃木市立小中学校ホームページ上に掲載されている文書や画像等のコンテンツの無断使用・転載・引用を禁じます。
栃木市教育ポータルサイト及び栃木市立小中学校ホームページ上における文書・画像等コンテンツの著作権は、栃木市教育委員会及び栃木市立小中学校に帰属します。
一部の画像等の著作権は、撮影者や画像提供者などの原著作者が所有します。
 

栃木市教育研究所からの連絡

連絡事項[根記事一覧]
123

教育研究所管理者2021/05/13 14:35:23(0票)

イングリッシュサロン(希望研修)

・研修日は、5月14日(金)18:30〜 です!
  場所:キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市民交流センター)



授業づくりラウンドテーブル(希望研修)

・研修日は、5月18日(火)18:30〜 です!
  
場所:キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市民交流センター)  
     ※教育研究室から会場を変更しました。




教育研究所管理者2021/05/13 14:25:48(0票)

令和3年度 教育研究所研修会
・研修日は、5月10日(月)15:00〜 でした。
  場所:栃木市教育研究所研究室(栃木中央小学校内)

学級づくりパワーアップ学習会(希望研修)

・研修初日は、5月10日(月)18:30〜 でした。
  場所:キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市民交流センター)

栃木市教育委員会管理者2021/03/31 10:31:46(0票)

令和2年度 研究の足あとページを更新絵文字:NEW

・令和2年度 教育研究所の研究の足あとのページを更新いたしました。
栃木市教育委員会管理者2021/03/26 08:41:41(1票)

学校教育課(お知らせページ)
タブレット端末の使用方法 特設ページオープン
絵文字:NEW


・特設ページヘのログイン方法については、担当から送付された「タブレット端末の使用方法 ホームページの閲覧方法」をご覧ください。

教育研究所管理者2021/01/22 10:13:45(4票)

令和2年度 栃木市教育研究発表会
特設ページオープン絵文字:NEW


・特設ページヘのログイン方法については、担当から送付された「栃木市教育研究発表会ホームページの閲覧方法」をご覧ください。
123

教育研究所ニュース

教育研究所ニュース >> 記事詳細

2021/06/22

授業づくりラウンドテーブル②

| by 教育研究所管理者

じっくりとお互いに傾聴し合うラウンドテーブル。
今回は話題提供者が資料を持参して、ファシリテーターも参加者自身が務めるというスタイルでした。話題提供者は、教科書や指導案、タブレットなどを持参し、日々の悩みを率直に打ち明けていました。そこに様々な意見を次々に出すことで、次第に解決策が見えてくるようです。帰る頃には参加した先生方がみんな笑顔になっていました。

 
 
 

・今回もICT活用法について、たくさん意見交換ができました。中学生の授業内容を目にして、学習レベルの高い内容でのICT活用について考えましたが、MetaMoJiTeams、その他の機能でもっと便利に「ねらい」に迫れるものがないかと感じました。活用する中でメリット・デメリットを見つけつつ、よい方法を研修や学校内で共有できるように、もっと頑張っていきたいと思います。

 

・「見方・考え方」を働かせた各教科の授業改善の糸口をつかむことができました。特に社会科では各学年のつながりを意識し、どのような考え方を身に付けさせるか?という方向で授業をつくればよいと少し授業づくりが楽に感じることができました。タブレットの使い方では、同じ悩みを共有したり新しい使い方を知ったり、とても有意義な時間となりました。

 

・道徳のことについて話し合いました。ポイントは揺さぶりだと分かりました。道徳で本音を引き出すことが大切だと頭で分かっているけど、実践できないなと思っています。道徳こそじっくり教材研究して、1つの発問に対していろいろなパターンの考えを予想して、自分の引き出しに入れておくようにしたいです。皆さんがどうやって教材研究しているかまで聞けなかったので、やり方や考え方、ポイントを機会があれば聞きたいです。

 

・自分が実践した授業で、分からなかったことやモヤモヤしたことなどを聞くことができてよかったです。道徳の授業について聞いたのですが、価値項目に対して様々なアプローチ方法があり、とても勉強になりました。どんな学習でも「ちょっと面白そう、できそうかも」と児童が思えると、教材との出会いは楽しくなるのかなと思いました。明日からの授業に生かしていきたいです。

 

・今回課題の持参をし、心配な部分、不安な所の確認ができました。板書の意義や役割を再認識することにつながり、黒板の活用について今後も学び、子どもたちにとって意味のある授業・振り返りの素材となる板書をしていきたいです。タブレットの活用も進めていきたいと思います。ありがとうございました。


19:10 | 投票する | 投票数(1)

リンクリスト