教育研究所所在地
〒328-8686
栃木市万町9-25
TEL:0282-21-2474
FAX:0282-21-2690
 
 モバイルサイト

お使いの携帯電話で
サイトをご覧いただけます。

栃木市教育研究所
http://tm2.tcn.ed.jp/kyouken/
 
 
著作権について
栃木市教育ポータルサイト及び栃木市立小中学校ホームページ上に掲載されている文書や画像等のコンテンツの無断使用・転載・引用を禁じます。
栃木市教育ポータルサイト及び栃木市立小中学校ホームページ上における文書・画像等コンテンツの著作権は、栃木市教育委員会及び栃木市立小中学校に帰属します。
一部の画像等の著作権は、撮影者や画像提供者などの原著作者が所有します。
 

教研ニュース


2017/10/13

第3回教育研究所研究員研修会、実施!

| by 教育研究所管理者
10月10日、教育研究所研究員研修会第3回が実施されました。3回目といっても、部会によっては夏休み中に自主的に集まって、自分たちの研究の方向性の確認をしたりして、だいぶお互いを知ることが出来てきました。5つの部会がありますが、子どもたちにとって価値あるものを追究するという思いは、みんな同じです!!

参加者の振り返りを紹介します。

【授業づくり部会】
各校の実践発表では、話合いを取り入れるための素地づくりがとても大切だという意見が上がりました。効果的な話合い活動を行うためには児童生徒の人間関係を良好に保ち、分からないことが何でも聞き合える雰囲気を作ることが大切だと思いました。

【教材開発部会】
子どもたちが積極的に取り組めるような教材開発を行いました。今までの学習を生かすことや、大きさや長さについての量感をとらえるなど、生活の中に算数を生かすことが大切だと思いました。子どもの目線で授業の展開部分に必要な支援、手立ても考えることが出来て良かったです。

【学びに向かう学級づくり部会】
今回は11月に行う研究授業に向けて有意義な話合いが出来ました。子どもが話合いを行っていく上で、その視点を合わせていったほうがよい等、参考になる意見がたくさん出て、勉強になりました。

【児童生徒指導部会】
中1ギャップについて、児童生徒の実態をつかむアンケート結果を持ち寄り、情報交換をしました。改めて、先生方自身が小中学校の違いを確認したり、中1ギャップについて認識を深めることができました。今後どのような取組ができるか考えていきたいと思います。

【特別支援教育部会】
一貫性のある支援をするためのすくすくシートの作成、活用の事例について話し合いました。保護者との連携を図ることで、より一層の実りある支援につながると思われます。







20:45 | 投票する | 投票数(5)